ドラゴンボール超 130話 ネタバレと感想 身勝手の極意に完全覚醒!

ドラゴンボール超 129話では、
悟空が身勝手の極意に完全に覚醒したところで
ストーリーが終わりました!

これまで2度身勝手の極意に覚醒
しかかっていたところですが、
3度目の正直でようやく完全版と
なった模様。

 

129話ではまだジレンに押され気味だった
悟空ですが、その後終盤からは
攻撃に転じることでジレンを圧倒し始めました!

 

さてさて、悟空は130話でジレンを
追い詰めることができるのか?!

 

まずは129話までのあらすじから
みていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

ドラゴンボール超 129話までのあらすじ

 

128話のラストで瀕死のベジータから
勝利を託された悟空。

そのベジータの姿はかつてフリーザとの戦いで
涙を流しながら悟空に勝利を願っていたときを
どことなく彷彿させるものでした。

 

そんなベジータから気を分け与えて貰ったことで
体力が回復してなんとか超サイヤ人ブルーには
変身することができたものの、、、、

 

それでもジレンの強さは圧倒的で
悟空は窮地に追いやられてしまう・・・

 

そんな土壇場のところで
三たび悟空は身勝手の極意に
覚醒してジレンの攻撃をかわし、

なんとジレンにダメージを与えることに
成功します!

しかし、それでもジレンの強さは
正直破壊神なんてめじゃないほどの
ものなのかもしれないほどで、

 

悟空が身勝手の極意に覚醒したとはいえ
なかなか一筋縄ではいかない相手でした。

スポンサーリンク

 

そして、ひたすらジレンの攻撃を
防御するのが精いっぱいのように見えていて、
それによって闘技場が削れて行ってしまい、

悟空の体力と共にいろんなものが
すり減っていくようにも見えてしまい、
第7宇宙のメンバーたちも心配の様子。

そして、心配するクリリン達・・・・

 

 

ところが、破壊神ビルスは
そんなクリリン達に対して
「黙ってみていろ!」と忠告。

破壊神ビルスは何かに
気付いているような雰囲気・・・

 

その何かに気付いているものが
的中したかのように悟空の
身勝手の極意の形態が再び変化します。

その姿を見て、破壊神ビルスは
「身勝手の極意を極めたな」
と発言。

 

 


その姿は超サイヤ人ブルーよりも
神々しく、まさに神の力を得た男
といった佇まい!

 

もはや悟空も破壊神を超えてしまったのか?!

 

130話ではジレンとの更なるバトルが
期待できそうです!

 

 

 

ドラゴンボール超 130話 ネタバレと感想
17号が生きていた!!!

まず驚いたのは、(フリーザは脱落している様子が
確認できていなかったので予想どうり?!でしたが)
なんと17号が生きていたことです!

 

 

いちどはジレンの攻撃によって
(悟空とベジータをかばったため)
死んだと思っていましたが、
まさか生きているとは思いもせず。

 

 

悟空は身勝手の極意に完全覚醒をして
ジレンを圧倒しますが、いざ武舞台から
落とそうとしたときには身体に負荷がきてしまい
身動きが取れない状態に・・・

 
そんなときにフリーザと17号が
再登場してきたので、
最終回ではきっと2人がジレンと
やりあうことになりそうですね。

 
なんだかベジータと初めて戦った時にも
悟空が身体がボロボロになっていて
悟飯とクリリンが代わりに戦った時を
彷彿させますね・・・

 

 

どのみちジレンは次回で負けるとは
思いますが、最後までしぶとそうだな・・・

 
17号はこの力の大会で活躍しまくり
というか、大躍進しまくってるな~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です