Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラゴンボール超 129話 ネタバレと感想 身勝手の極意再び!

力の大会も残りわずか2分まで
迫ってきました!

 

遂にベジータが脱落して
残るは悟空とジレンのみ!
(実はフリーザもいたりする)

 

ジレンの圧倒的強さによって
いよいよ悟空も脱落かと思った
そのとき、

再び身勝手の極意を発動させて
ジレンの攻撃をかわして
一撃をお見舞いする悟空。

これで勝負の行方は再びわからなく
なりました。

残り時間2分で再び決着を
つけることができるのか?
まだまだ目が離せません。

 

ということで、128話までのあらすじと
129話のネタバレについて
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ドラゴンボール超 128話までのあらすじ

 

17号が自分を犠牲にして
悟空とベジータを守ったことで、
ジレンの攻撃から身を守ることができ、
無事に生き残ることができています。

 

しかし、ジレンの強さは半端なく、
ついでに?!生き残っていたフリーザを
いとも簡単にボコボコにしてしまうほど!

 

ジレンは幼い頃に両親を失い、
敵を討つために強くなることを
決意して修行に打ち込みます。

 

そして、かたき討ちをしようとするも
その敵が強すぎて叶わず
仲間も離れていってしまう。

このことによってジレンは
「信頼」ということに疑問を抱くようになり
孤立無援のような考え方をもつようになります。

つまり、プライドトゥルーパーズでさえも
利用するだけものもとして捉えている様子。

いちおうは正義の味方のはずなのに、
あんまり正義の味方っぽく見えないところが
悲しいところです・・・

 

 

一方で第7宇宙のメンバーたちは
「信頼」や「仲間」や「守るもの」を
信条としてこれまで闘ってきました。

 

あのベジータも第6宇宙のキャベとの
約束(生き返らせること)を果たすために、

 

ブルマやトランクス、ブラたち家族を
守るためにボロボロになっても
戦いを辞めることはしません。

 

そんなベジータは、超サイヤ人に
変身することさえできないほどに
体力がなくなってしまいました。
(トッポとの戦いでほとんど体力を
消耗してしまっていたので)

 

それでも「守るべきもの」のために
立ち上がり、立ち向かう姿には
涙ぐましいものがありました。

 

そして、傷つきながらも
ブルマの叱咤激励によって
倒れても倒れても立ち上がります。

 

しかし、満身創痍のベジータにとっては
立ち上がることでさえやっとの
状態だったため、どうすることもできず。

 

スポンサーリンク

 

そして、残った気を悟空に託して
遂に脱落してしまいます。

 

 

残った悟空はベジータによって
託された気によって体力が回復し、
再びジレンに戦いを挑むことに。

しかし、ジレンの強さは驚異的なため
「あと一発」喰らったら脱落してしまう
ところまで追いつめられてしまいます。

 

 

そんな窮地のなか、悟空はふたたび
身勝手の極意に覚醒し、
ジレンの攻撃をかわしつつ
悟空も反撃します!

 

力の大会も残り二分となった今、
決着はどちらの勝利になるのか?

 

悟空は奇跡の逆転劇を
見せることができるのか?!

 

そしてフリーザの行方は
どうなるのか?

 

 

まだまだ目が離せません!

 

 

 

ドラゴンボール超 129話 ネタバレ

※番組放送終了後に追記しますので
しばらくお待ちください。

 

 

ドラゴンボール超 129話 感想

※番組放送終了後に追記しますので
しばらくお待ちください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です