10月8日に放送された、
ドラゴンボール超 110話で
孫悟空が「身勝手の極意」
という新形態に変身したことが
話題になっています。

 

引用元 東映アニメーション ドラゴンボール超 110話

 

 

孫悟空の新形態である「身勝手の極意」は、
神々でもなかなか辿り着けない境地にある
ということで、

 

 

孫悟空の強さはもはや
破壊神レベルに到達して
しまったのかもしれません。

 

しかし、ドラゴンボール超110話のなかでは、
そんな孫悟空の攻撃を受けても
多少後退するといった程度で、

 

致命的なダメージを与えることは
できていませんでした。

 

そういえばですが、今回の
孫悟空の新形態「身勝手の極意」は、
どこかで見かけたことのあるような
雰囲気があります。

 

あのナメック星でのフリーザ戦での
戦いを思い出させる雰囲気では
ないでしょうか??

 

今回は、そんな孫悟空の新形態である
「身勝手の極意」について、

ナメック星でのフリーザ戦の
イラストと比較して
振り返っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

孫悟空 ナメック星でのフリーザ戦と新形態(身勝手の極意)のイラストが似ている!?

 

 

下の画像は、原作版ドラゴンボールの
ナメック星編でフリーザと悟空が
戦っているときのイラストです。

悟空が来ている道着が
同じようなスタイルのものなので、
似ているというか、同じなんでしょうけど
雰囲気が似ているように感じますね。

 

引用元 少年ジャンプコミック ドラゴンボール

 

 

引用元 少年ジャンプ ドラゴンボール

 

特に、フリーザ戦では悟空は
界王拳20倍まで引き出して
フルパワーで戦っていました。

しかし、そんな悟空のフルパワーも
超サイヤ人に変身するまでは
通用しませんでした。

それと同じく、ジレンと戦っていた時も
超サイヤ人ブルーになったうえで
更に界王拳20倍にしていたにも関わらず、
ジレンには通用せず・・・

 

スポンサーリンク

 

そして、フリーザ戦のときも
ジレンとのバトルのときも
同じく、元気玉を撃っていました。

このときもフリーザ、ジレン共に
元気玉が通用しなかったのも
同じような展開でしたね!

 

そして、悟空が超サイヤ人に
初めて覚醒したときと
「身勝手の極意」に覚醒したときと
状況は異なるものの、展開は
似ている気がします。

ドラゴンボール超の特徴として、
過去作を思い出させるシーンは
いくつかあるので、

過去作品を知っているファンの方からすると
ニヤニヤしてしまうような
シーンなのかもしれませんね!

 

 

孫悟空の新形態「身勝手の極意」は、さらに進化するのか?

ドラゴンボール超 110話で「身勝手の極意」に
覚醒してパワーアップを果たしましたが、
たまたま変身できただけといった感じがします。

それに加えて、まだまだジレンには
太刀打ちできていない様子だったので、
さらなる進化を果たす可能性も
考えられるでしょう。

もしかすると、青いオーラを
まとっているのが第一段階で、

オープニングの赤いオーラを
まとっている姿が第二形態
なのかもしれませんね。

 

個人的にはまだまだ進化していく
可能性があるような気がします!