2018年2月1日に発売となった
ドラゴンボールファイターズは、
実は海外では1月26日に先行販売されていました。

 

既に出荷数は200万本を突破している
ということで、人気の高さが伺えます。

 

注目すべきは、人造人間21号といった
ゲームオリジナルの新キャラクターや、

まるでアニメを観ているかのような
グラフィックの鮮明さではないかと思います。

また、ストーリーモードでは
プレイヤーが孫悟空を操作するパターンと
フリーザを操作するパターンとに分かれるようで、
それぞれの楽しみ方もできるようです。

 

 

今回は、そんなドラゴンボールファイターズの
ストーリーモードに関するネタバレや
ゲームの感想などをまとめていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ドラゴンボールファイターズ ネタバレと感想

 

ドラゴンボールファイターズのなかで
新キャラクターとして「人造人間21号」
というキャラクターが登場します。

この人物は、レッドリボン軍の研究者だったようで、
セルのようにいろんな戦士の細胞を集めることで
驚異的な力を身に着けた模様。

今回は、魔人ブウの細胞を取り入れたようで、
女性版「魔人ブウ」とでもいったところでしょうか。

 

また、ストーリーの中では
セルをお菓子にして食べてしまい、
更なるパワーアップを果たす場面も
ありました。

 

強さで言うと、魔人ブウよりは上だとしても
ゴクウブラックほどの強さではなさそうですね。

 

なぜならば、ブルーにならずとも
(フリーザはゴールデンにならずとも)
21号を倒すからです。

(ゲームの中では元気玉で
21号を倒していました。)

 

ストーリー的には、
フリーザ編、人造人間編、
魔人ブウ編をうまくミックス
させていたという感じでしょうか?

フリーザ軍のキャラには
ナッパ、ギニュー特戦隊が
登場していましたね。

 

本編には、ラディッツが登場
していませんでしたが、
追加DLCで登場するのでは
ないかと思われます。

 

アニメ「ドラゴンボール超」に
登場するキャラクターもおそらくは
追加DLCで登場して楽しむことが
できそうな気はしますね。

 

また、ここ最近のPS4のゲームは、
ゲーム発売後しばらくしてからも
追加のダウンロードコンテンツが
販売されるようなので、

発売後1年くらいは
楽しめそうな気がしますね。

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンボールファイターズ 海外の反応は?

 

日本よりも先に海外では発売されていた
ようですが、反応はよかったようですね。

以下、海外のファンによる
ゲームのコメントになります。

ドラゴンボールファイターズは完璧な結び付きを
したと言えるだろう。

豊かな素材の原作と多様なゲームプレイが融合している。
アークシステムワークスは、
ファンタスティックな体験を幅広いプレイヤー、
そして情熱的なファンに提供している。

そして、内容はもちろん楽しいものだ。

引用元 http://blog.livedoor.jp/kakugeblog/archives/74623218.html

 

我々は、ドラゴンボールファイターズが
近年の格闘ゲームとして最高峰なのかはわからない。

しかし、ドラゴンボールのゲームとしては
最もスペクタクルで素晴らしいことは間違いない。

戦闘システムに必死に取り組む必要はなく、
マスターするためのたくさんのシステムや
テクニックが用意されている。

引用元 http://blog.livedoor.jp/kakugeblog/archives/74623218.html

 

 

ドラゴンボールファイターズは、
アニメ版権で作られた格闘ゲームの
最高なもののひとつとなった。

素晴らしいビジュアルと、楽しいゲームプレイ、
豊富なコンテンツ、このジャンルのゲームの中でも、
最も記憶に残る体験のひとつとなっている。

引用元 http://blog.livedoor.jp/kakugeblog/archives/74623218.html

 

 

新規にとっても、このジャンルのファンにとっても、
全く新しく良く出来た格闘ゲーム。

そして、思わずファンがニヤリとする
シーンに溢れている。

ドラゴンボールファイターズは、
プレイするのも観戦するのも
華やかで素晴らしい作品。

引用元 http://blog.livedoor.jp/kakugeblog/archives/74623218.html
ドラゴンボールそのものは
海外でも人気ある漫画、アニメですが、

バットマンやスパイダーマンといった
アメコミのキャラクターにも
劣らずといったとことなんでしょうか?!

 

僕たち日本人からしたら
日本のアニメが海外で人気を
博すというのはなんだか不思議な
感じがしますが、

経済効果も凄そうというか、
鳥山明氏には印税が
がっぽがっぽ入って
きそうですね・・・

スポンサーリンク