力の大会も残り3分となり、
なんと17号が自分の身を犠牲にして
悟空とベジータを守ってリタイアではなく
自爆してしまいました・・・

 

17号は力の大会でかなり活躍しましたし、
実際に超サイヤ人ブルー並み?!
とも思える強さを発揮していました。

 

第7宇宙の残るメンバーは
悟空、ベジータ、フリーザの3人。

ジレンは悟空、ベジータ、17号の
3人がかりでも致命的なダメージを
与えることが出来ず、

ジレンの攻撃を阻止するために
17号は自爆してしまうほどだっただけに、
その戦闘力の高さが危惧されます。

 

どうやら128話の予告では
ベジータが脱落しそうな予想されますが、
となると残るは悟空とフリーザが
ジレンと闘うことになるのでしょうか?

 

 

戦いの行方はいったいどうなるんでしょうか?
まずは127話までのあらすじと
128話のネタバレや感想について
まとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラゴンボール超 127話までのあらすじ

力の大会も残り3分となり、
いよいよ終盤を迎えそうなタイミングに
迫ってきました。

 

経過した時間はわずか1分程度なのに
いろんな展開が繰り広げられて
いましたね。

 

 

127話の見どころは、17号が
大活躍することです。

 

 

自分の身を犠牲にして
悟空やベジータを守って
自爆してしまったことです。

 

常に冷静で客観的に現状を分析して
メンバーの支えになっていたことが
大きなことだったなと改めて痛感させられます。

 

 

ジレンは第7宇宙のメンバーを
圧倒しますが、17号との会話の中で
ドラゴンボールでかなえたい願いがあることを
告白します。

 

ジレンは、かつて両親や仲間を
悪者に殺されてしまったために
「力こそ正義」という考えに
囚われていた模様。
だから、ひたすらに強さを
追い求めているように
感じられます。

スポンサーリンク

悟空、ベジータ、17号、
そしてフリーザの4人は
ジレンに迫ったものの、

悟空、ベジータ、フリーザは
ジレンにボコボコにされてしまって
今後どれほど体力が戻るのかが
微妙なところです。

 

 

しかし、128話ではベジータが単独で
ジレンに戦いを挑むようなので、
どれだけ奮闘できるかが見どころです。

 

128話の予告ではどうやらベジータが
脱落しそうな感じですが、
となると悟空とフリーザのコンビが
誕生するということになるんでしょうか?

まだまだ目が離せませんね。

 

 

 

ドラゴンボール超 128話 ネタバレ

 

※番組放送終了後に追記しますので
しばらくお待ちください。

 

 

 

ドラゴンボール超 128話 感想

 

※番組放送終了後に追記しますので
しばらくお待ちください。