ドラゴンボール超もいよいよ
3月末の終了に向けてクライマックスを
迎えることになりそうですね。

あのトッポが破壊神となって
いっときはどうなることかと
思いましたが、

ベジータが驚異的なパワーアップを
果たして勝利しました!

 

17号とフリーザはトッポに圧倒
されていたものの、場外負けには
なっておらず、

まだ武舞台には残っているため
4対1で第7宇宙の優性には
変わりありません。

とはいえ、現時点で
ベジータは体力をほぼ
使い果たしてしまったため、

フリーザも17号もトッポとの
戦いでダメージが残っていると
思われるので

まともに戦いができる戦士というと
悟空のみだといえるでしょう。

果たして、残り時間4分で
ジレンを場外負けにすることが
できるのでしょうか?

 

まずは126話までのあらすじを
まとめながら127話のネタバレや
感想も取り上げていきたいと
思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドラゴンボール超 126話までのあらすじ

 

ドラゴンボール超125話では、
第11宇宙のトッポが破壊神となり、
驚異的な強さで17号とフリーザを
苦しめました。

 

特にフリーザに関しては、
まさにフルボッコ状態となっていて
いくら破壊神とはいえ、

あのフリーザをまるで
子ども扱いにするほどの
強さとなればかなりのものです。

 

17号は、なんとかトッポの攻撃を
かわしながら打開策を考えますが、
そもそも強さの次元が異なるため
なにをやってもうまくいかず。

 

 

そんななか、悟空とベジータは
共に打倒ジレンに向けて
共に攻撃をしている最中。

ところが、トッポがベジータに
襲い掛かり、一騎打ちをすることに。

 

超パワーアップを果たした
ベジータと破壊神トッポとの
バトルが開始です。

 

最初はトッポがベジータの
ファイナルフラッシュを
受け止め、ベジータを圧倒していました。

 

また、トッポは破壊神となって
驚異的なパワーアップの為に
「捨てるもの」があったと発言します。

 

 

しかし、ベジータには「守るもの」があり、
(家族、キャベとの約束、サイヤ人の誇り)
トッポとは対照的にその守るものがあるからこそ
戦いに負けられないと、さらなる闘士を燃やします。

 

 

そして、かつて魔人ブウを倒すために
命を懸けた攻撃をトッポに向けて
お見舞いします!

 

 

これによってベジータはトッポを
道連れにして脱落するのかと
思いきや、

超サイヤ人ブルーになった
ベジータにとっては
身体が耐えきることができていたため
命を奪うほどではなく、
無事トッポを場外に追いやることに成功。

 

 

しかし、その代償は大きく
立っているのがやっとの様子。

 

スポンサーリンク

 

一応、第7宇宙は悟空、ベジータ、フリーザ、17号
の4人が残っているため有利な状況で
あることには変わりません。

 

最悪なことにジレンのエネルギー弾を
喰らった17号、フリーザ共に
場外負けはしていないようなので
まだ大丈夫だと思われます。

 

 

さてさて、「宇宙サバイバル編」が
スタートしてちょうど1年が経過
しましたが、

ジレンとのバトルはあと
どのくらいまで引っ張ることに
なるのやら・・・・

 

 

 

ドラゴンボール超 127話 ネタバレ

 

※番組放送終了後に
追記しますのでお待ちください。

 

 

ドラゴンボール超 127話 感想

 

※番組放送終了後に追記しますので
暫くお待ちください。

 

スポンサーリンク