ドラゴンボール超では、なんとトッポが
破壊神に変身?!して驚異的な
パワーアップを遂げました。

 

そして、余裕ぶっこいていた
フリーザをフルボッコするほどの
力を身に着けていたということに驚きです!

 

実力でいうならば破壊神シドラによる
「破壊」は自力で回避できたものの、

トッポによる「破壊」は回避することが
できなかったためシドラよりもトッポの
戦闘力のほうが上回っているということでしょう。

17号は、破壊神となったトッポに
太刀打ちできるような様子ではなさそうだし、
126話の予告ではベジータが参戦するようなので
もしかすると脱落した可能性もあるかもしれません。

 

 

さてさて、まずは125話までのあらすじを
取り上げていって126話のネタバレや
感想をまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンボール超 125話までのあらすじ

 

124話では、悟飯とフリーザとの
コンビネーションによって
すばしっこいディスポを
退場させることに成功します。

第11宇宙の戦士も残るはジレンと
トッポの二人のみ。

悟空&ベジータはジレンと。
フリーザと17号はトッポとの
バトルを繰り広げます。

トッポは以前悟空のブルー界王拳かめはめ波を
喰らっても服が破れただけでたいした
ダメージは負っていなかったほどの実力者。

ゴールデンフリーザや17号が
いくら強いとはいえなかなか一筋縄では
いきません。

しかし、17号は人造人間であり、
永久式のエネルギーを持っているため
スタミナ切れの心配はありません。

それを利用して、トッポを場外落ちにすべく
ひたすらエネルギー弾を撃ちまくります。

しかし、トッポもなかなかの強者なので
簡単にはいきません。

そして、17号とトッポが互いに
エネルギー弾の撃ち合いとなって
17号が押され気味でヤバいことに・・・

 

そして、17号が遂に脱落か?!
と思っていた矢先、
フリーザがトッポの後ろから
エネルギー弾で攻撃をしかけます。

 

その結果、17号のエネルギー弾と
フリーザのエネルギー弾とで
挟み撃ちになったトッポは
大ダメージ?!を被ることに・・・・

 

スポンサーリンク

 

トッポは、現状ではまずいと判断したのか
奥の手を使うことに。

もともと第11宇宙の破壊神候補ということも
あって、限りなく破壊神に近い強さで
17号やフリーザを苦しめます。

フリーザに至っては、まるで子ども扱いというか、
かませ犬扱いに成り下がってしまうほど!
17号は、破壊神となったトッポの
攻撃をかわしつつ打開策を考えて
いますが、果たして攻略法はみつかるのか?!
そして、126話ではベジータが参戦するようですが、
パワーアップしたベジータはトッポを
倒すことができるのか!?

 

 

 

ドラゴンボール超 126話 ネタバレ

 

※番組放送終了後に追記しますので
暫くお待ちください。

 

 

 

ドラゴンボール超 126話 感想

 

※番組放送終了後に追記しますので
暫くお待ちください。

スポンサーリンク