ドラゴンボール超 力の大会も
いよいよ残り10分となりました。

現在生き残っている宇宙は
第3、第7、第11の3つです。

 

120話では、第3宇宙と
第4宇宙と第7宇宙のバトルが
繰り広げられました。

 

121話でも第4宇宙との
バトルになるようですが、

まずは120話までのあらすじを
振り返りながらどんな戦いに
なっていくのかを予想していきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ドラゴンボール超 120話までのあらすじ

力の大会も残り時間わずかと
なっていくなかで、
残った宇宙(第3、第7、第11)で
バトルが展開していきます。

 

まずは、第3宇宙が生き残りメンバーの多い
第4宇宙を蹴落とすべく狙ってきます。

 

しかし、17号&18号のコンビが
第3宇宙の戦士ビアラを圧倒したり、

孫悟飯が悟空とベジータの
体力を温存させるために
一人で第3宇宙の戦士3体
(ボラレータ、コイツカイ、パンチア)と
闘って圧倒していました。

ところが、力の大会終盤まで
残っていた戦士だけあって、
第3宇宙の戦士もなかなか
簡単には脱落してくれません。

 

そして、第3宇宙の3体が
なんと合体してパワーアップします。

また、悟空が「気が膨れ上がった」
と発言していたことを考えると
ロボットなのに戦闘力を
感じられるということは、
いちおう生命体ということなんでしょう。

スポンサーリンク

 

悟飯はパワーアップした
合体ロボットに苦戦していましたが、

体力の回復した悟空と
ベジータが参戦して悟飯に
加担してくれます。

そのかいあって合体ロボットに
見事勝利した、、、はずでした、、、

 

 

しかし、第3宇宙はまだ
奥の手を残していたようで、

3体が合体した戦士とパパロニが
更に合体してパワーアップする模様。

 

しかし、この合体戦士を
倒さなければ第11宇宙とは
闘うことができなさそうな様子。

果たして、第7宇宙の戦士は
第3宇宙に勝てるのか?

 

そして、フリーザは、
いいかげん戦ってくれ(笑)

 

 

 

ドラゴンボール超 121話 ネタバレ

※番組放送終了後に追記していきますので
お待ちください。

ドラゴンボール超 121話 感想

※番組放送終了後に追記していきますので
お待ちください。